2007年02月25日

アパートローンの注意点

アパートローンについてです。

アパートローンは住宅ローンと違い、金融機関にもよりますが、長期での借り入れはできません。

住宅ローンの場合、購入者が自宅として住むためのローンですから、基本的には新築であろうと中古であろうと一般的に最長で35年のローンが組めます。年収に返済比率35%をかけた金額が、年間の支払額の限度になります。

例えば、年収500万円ですと35%をかけた175万円以内の返済までがローン返済額の上限です。各金融機関の審査金利での借入れの年間返済額が175万円を超えることができないということになります。

アパートローンの場合、収益物件の収益を中心にローンを組み立てるので、中古アパートのように築年数が経過している物件については各金融機関で設定しているアパートの建物の耐用年数から経過年数をひいた期間しかローンを組めないことになります。
アパートの構造にもよりますが、一般的には木造のケースが多いと思います。

金融機関によってまちまちですが、木造では短いところで20年、長いところでは30年となっています。ですから例えば25年を耐用年数と設定している金融機関では築年数10年が経過しているアパートであれば15年しか組めないことになります。

期間が短くなれば月々の支払いも多くなりますから収益はあっても返済で終わってしまうといったケースにもなりかねません。

アパートローンを利用する際の一番気をつけないといけない点です。
収益と返済のバランスをよく比べてみましょう。


応援して下さい!!クリックお願いします!!
人気blogランキングへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
posted by investment-man at 22:05| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。